Press "Enter" to skip to content

Category: ポッドキャスト

アメリカのスタートアップが日本の寿司業界でイノベーションを起こす

This Week in Startups episode 783から。幹細胞を培養して本物の魚の肉を作ろうとしているスタートアップFinless Foods、共同創業者CEOのMike Seldenのインタビュー。

Finless Foodsというスタートアップ、食糧問題に対するアプローチがユニークで、興味深いです。一方で、無類の寿司好き日本人としては、こういうスタートアップの存在はなかなか受け入れがたいというか、それでええのか、という心境になってしまう。

本来、こういうイノベーションはアメリカではなくて、海に囲まれて魚と近い生活を長年やってきた日本で起きるべきやと感じてます。ちょっと見方を変えれば、アメリカのスタートアップが日本の寿司業界でイノベーションを起こそうとしているところに、いま我々は直面してるんやないかと思います。

別に日本vs.世界みたいな話がしたいわけじゃなくて。日本の政府と日本のスタートアップが、やっぱりちょっとイケてない。

国の税金使って数十億円の助成金を投じたり、今まで人がやってた作業をITやロボットを使って部分的に自動化したりすることで、漁業に携わる人たちを「救済」するのは、本当の意味でのイノベーションとは言わへんのではないでしょうか。

自分はいま京都に住んでいて、ご存知の通り、京都大学にはノーベル賞をとったiPSを始めとする幹細胞研究者が数多く在籍しています。

こういうスタートアップが、ここ京都で産まれないのはちょっと不思議です。誰かを説得してやってもらうべきか、それとも近い領域で活動しているスタートアップにエンジェル投資して方向転換してもらうか、それとも自分自身でこれをやるべきか。

やるべきことはたくさんありつつも、残念ながら自分には1つの人生しかないのが悩みどころ。ほんまに人生は短いです。

[原文へ]

a16z Podcast: AI, from ‘Toy’ Problems to Production

この”end of theory(セオリーなんか、いらんよ)”アプローチ、けっこう好きです。一部の企業にとっては、正しい結果がどうであるべきかという「セオリー」は今後不要になると思います。

言い換えれば、将来、AIを導入する時は常に教師なし学習で初めて、AIによって特徴をあぶり出させて、アルゴリズムが教えてくれ課題の中から解決すべきものを決める、という順番。

さらに、TensorFlowのようなテクノロジーが誰でも使えるようになった昨今、AIをどのように実装するか、どういった解析手法を使うかは、もはや重要でない。ポッドキャストでも言ってるけど、TensorFlowのような出来合いのテクノロジーを使うことで、わずか数日で2~3人のデータサイエンティストが本物のAIビジネスを立ち上げることだって今はできる。

それよりも重要なのは、ROI(投資利益率)という観点から、どのビジネス課題について取り組むべきかを決めるということ。どんなに最新の手法を使おうとも、解決しようとしてる課題が企業にとってビジネス的にあまりインパクトの無いものであれば、結果的にそのプロジェクトは「失敗」という扱いを受ける。要するに、どうでも良い課題をがんばって解決しようとしている状態。

なので、自分の結論としては、AI技術がコモディティ化するにつれて、技術にしか強みがないスタートアップは市場から撤退することになるはず。逆に、顧客に対して、どの課題を解決すべきかを正しく伝え、かつROIに貢献できるスタートアップは、間違いなく残る。そして、往々にしてそれは顧客がAIでやりたいことを否定することにもなる。

それをやるために必要な人材は、データサイエンティストでもなければ、ソフトウェア開発者でもない。必要なのは、教師なし学習を使いこなし、顧客を正しい方向に導ける、全く新しいタイプのビジネスマンやと思う。

あと、AI技術そのものではなく、ある分野についての深い知識が差別化ポイントだという点にも同意。つまり、医用画像のような特定領域にとことん強いスターとアップだけが生き残る。これは、教師なし学習だけでなく、教師あり学習にも当てはまると思う。

The Kevin Rose Show #16 – Bitcoin’s true potential, with Andreas M. Antonopoulos

“Mastering Bitcoin/Ethereum”の著者Andreas AntonopoulosとKevin Roseによる1時間半ものビットコイン・トーク、めっちゃ面白い。

「暗号通貨は国がトランザクションを追えないから信用できない」という問いに対して、「Cash(現金)こそ国がトランザクション追えないものの代表格だ」という答えは納得。

自分が他人に1,000円を現金で渡したところで、日本政府はそのトランザクションを追えていない、という時点で実は世の中はuncontrollableな通貨にある程度対応してしまっているという考え方。

Episode 363 | Building Outbound Sales Processes

Episode 363 | Building Outbound Sales Processes

最初の営業資料とトークスクリプトはCEOが作るべきという点には強く同意。自分の経験上、CEOの時間の3分の2が営業に費やされるようになった時点で、営業担当を採用もしくは営業アウトソーシングを実施すべき。その前のフェーズでは、営業を雇ってもアウトソーシングしてもワークしない。なぜならCEO自身に案件獲得とクロージングのノウハウが溜まっていないから。

How Pokemon Go Works

ポケモンGOの生い立ちに関する、これほど詳しい説明は今まで聞いたことがないかも。

ジムでのバトルの源流となったゲームボーイ時代の通信ケーブルを使ったポケモンの対戦、Google Earthの開発チームがIngressを作るに至るまでの話など。それぞれの会社の歴史が奇跡的に合流して生まれたポケモンGO、面白い。

E670: Munchery CEO & Co-founder Tri Tran on escaping Vietnam and pioneering a food movement in America with his healthy dinner-delivery powerhouse

持続可能な事業にするのがなかなか難しいフードデリバリー系サービスの中で、数少ない成功ベンチャー「Munchery」の創業者Tri Tranのインタビュー。

11歳の時に「難民」としてベトナムから米国に入国。英語も喋れないなか必死に勉強してMITに入学。その後、Silicon Graphics(現SGI)に入社して、働いて貯めたお金でベトナムの両親を米国に呼び寄せ。結婚した奥さんが料理をしないという身近な問題から、Muncheryを創業。

自分もこれくらいインパクトのあるストーリーを語れるようにならねば。

#1345 How Jilliene Helman brought crowdsourcing to real estate investment

How Jilliene Helman brought crowdsourcing to real estate investment

最近、電車での移動中によく聞くPodcast。TechStarsの卒業企業で$45Mの資金調達に成功した不動産物件に特化したクラウドファンディングを運営するRealtyMogulの創業者・女性起業家Jilliene Helmanのインタビュー。

創業初期にFounder Instituteを含むあらゆる無料のピッチイベントに出まくって最初の大口顧客を見つけたとか、AngelListで資金調達に成功したスタートアップの資金を「逆算」して、資金が枯渇しそうな時に声をかけて人材を引き抜くとか、凄いリアルなtipsが満載なトーク。