obento

野菜だけ食べ続けたら体にこんな変化が

ボディハックの一環として始めたビーガン生活、2週間が過ぎて体にちょっとした変化が起きてきたのでお知らせ。

まず、体重が2週間で1キロ減りました。

特に運動量を増やしたワケでもなく、ジムに行く回数は相変わらずの週1回ペース。通勤も、晴れの日は自転車、雨の日はバスで、これまでと同じ。

自分は Fitbit の Charge 2 というウェアラブル端末を普段から使ってるんやけど、Fitbitのアプリで見る限り、やっぱり大きく運動量は変わってなかった。なので、消費カロリーはビーガン化する前と変化なし。じゃあ、何が変わったかと言うと。。。

えらい、トイレに行く回数が増えました。

しかも「小」ではなくて、あっちの方です。多い時は1日に3回くらいの頻度で、トイレからお誘いの声がかかってきます。ざっくりとした表現やけど、イメージとしては、体に取り込んでいる食事の量よりも、体から出ていっている食事の量の方が圧倒的に多い感じ。

食物繊維によって強制的にデトックスされているというか、急に人間からインパラに生まれ変わったというか、とにかく、えらいアレが出ていきようるんですね。あと、もう1つ体に起きた変化というと。

2週間で1度もお腹を壊さなかった。

お腹がユルくない人には「だからなんやねん」という話やと思うけど、自分にとって、これだけの期間に1度もお腹を壊さないというのは、地獄の底からお釈迦さまに救われたような、むかし100円で買ったビットコインが気づいたら40万円に高騰していたような、それくらいショッキングなイベントなんすね。

実際の食事の中身はというと、上の写真ような野菜だけのお弁当なんかを食べ続けてます。(めんどうくさい献立やのに、毎日一生懸命作ってくれる嫁にほんまに感謝!)

食材は、玄米、オクラ、ひじき、大豆、万願寺とうがらし、はるさめ、など。野菜ばっかやけど、けっこうボリュームがあるので、お腹いっぱいになります。

ここまで聞くと良いこと尽くめなVEGAN FORCEなんやけど、1つだけ難点があることも分かってきました。それは、タンパク質と油分が不足しがちになるっちゅーことです。

これはビーガン化する前から知ってたんやけど、実際に摂取した食事の栄養計算をやると、やっぱりこれらの栄養素がちょいと不足気味になってました。対策としては、もっと大豆の量を増やすとか、意図的に油を足すとか、そういうのもあるんやろうけど、自分の場合は嫁と相談して、以下の対策を講じることにしました。

しばらくの間は、卵と魚は食べてよしとする!

おいおい、それってビーガンちゃうやん、という突っ込みはサラリとかわすとして。自分の場合、ビーガン化の目的は「野菜中心の食生活に切り替えて、体に起きる変化を数値化すること」なんで、まぁ、いまのところは、これくらいの猶予は持たせてもええかなと考えてます。

ちなみに、最近はビーガンな食事ができるカフェやレストランを頑張って開拓してるんやけど、気のせいか、そういうお店にいる本気でビーガンやってる人は、肌が荒れてるように見える人がチラホラいます。勝手な推測、かつ余計なお世話やと思うけど、たぶんタンパク質と油分が足りてへんのとちゃうかな。

引き続き、ボディハック、進めていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

comments powered by Disqus